中小企業のための再生・破産相談

06-6311-0065 初回相談料無料。 まずはお問い合わせください。

  • トップページ
  • 会社破産
  • 民事再生
  • 解決事例
  • Q&A
  • 弁護士紹介
  • 弁護士費用
  • お問い合わせ

民事再生した場合社長はどうなる?

質問

 私が経営している会社が民事再生の申し立てをした場合,私個人はどうなるのでしょうか。子どもの学校があるので,自宅不動産は残したいのですが,可能でしょうか。私自身は破産しなければなりませんか。

回答

 会社の債務が民事再生手続によって大幅に免除されても,金融機関からの借り入れについて連帯保証人である社長の負債は当然には免除されません。
 また,中小企業の場合,会社の借り入れについて,社長の自宅不動産にも担保が設定されていることが多くあります。
 そのため,会社が民事再生手続を申し立てた場合,社長の自宅不動産については,銀行の協力を得て第三者に任意売却を行うか,競売になってしまうことになります。
 
 しかし,社長の親族などで自宅不動産相当額を捻出できる方がいれば,金融機関と交渉し,社長の自宅を買い取ってもらい,社長が住み続けることも可能です。
 その上で,買主と合意し,将来的に社長が不動産を買い戻すこともありえます。すなわち,民事再生の場合,社長は今後も会社から報酬を取得することができるので,不動産の買い戻しも不可能ではありません。
 社長個人の負債(連帯保証債務)を免除してもらうためには,会社の民事再生とは別に,社長個人についても破産か民事再生を行う必要があります。
 
 しかし,社長の債権者は金融機関のみであることが一般的ですが,金融機関は社長の自宅以外の個人資産からの回収に期待しているとはいえません。また,金融機関は会社についての法的手続を完了させれば,社長の今後の手続選択につき強い関心を持たないこともありえます。特に,債権が金融機関の関連する債権回収会社(サービサー)に売却されるようなケースでは,その傾向は強くなります。
 
 そのような場合には,社長については当面のところ破産や民事再生といった法的整理を行わずに,資産の整理し,今後の生活を続けてゆくことがあります。その上で,サービサーとの間で債務についての合意をすることも考えられます。


物流ウィークリーの他の記事はこちら

日付 タイトル
9月3日号  企業再生にはどんな手続きがあるの?
9月17日号  民事再生に向かない会社
10月1日号  民事再生に向く会社
10月15日号  民事再生した場合社長はどうなる?
11月5日号  民事再生・・・下請けに迷惑をかけたくない
11月19日号  預けた荷物は出庫可能か
12月3日号  同業者からの支援申し出
12月17日号  営業譲渡を利用した再生方法
1月7日号  会社分割で再生は可能か
1月22日号  会社分割を用いた再生方法
2月11日号  円滑化法期限切れでどうなる?

お気軽にご相談ください 06-6311-0065

メールでの問い合わせはこちら

※メールでは法律相談のご予約のみ受け付けています。メールではご相談者の本当の背景がわかりにくい場合が多いからです。ご相談者の本当の悩みは、直接お会いすることでしか共感できないと当事務所は考えております。

 

民事再生・破産に関するご相談メニュー

リスケジューリング 民事再生 会社破産 会社分割 会社更生私的再建

経営者から寄せられる典型的なご相談 ~このようなお悩みはございませんか?~

会社が破産する場合、代表者も破産しなければならないのでしょうか。 銀行との交渉の仕方はどのように行えばよいでしょうか。 会社が破産すると、代表者やその家族の生活はどうなりますか。 執拗に連絡を債権者に、どのように対応すればよいでしょうか。 破産を回避する方法はありませんか。会社の破産手続きの大まかな流れを教えてください。

民事再生・破産の解決実績

無料相談を申し込みたい方へ 再生・破産チェックシート 対応エリア
事務所概要