中小企業のための再生・破産相談

06-6311-0065 初回相談料無料。 まずはお問い合わせください。

  • トップページ
  • 会社破産
  • 民事再生
  • 解決事例
  • Q&A
  • 弁護士紹介
  • 弁護士費用
  • お問い合わせ

Q.会社の破産を行う場合、自宅を残すことはできないのでしょうか?

質問

 会社の代表者です。弁護士に依頼して会社の破産をしようと思うのですが,自宅を残せませんか?

回答

 自宅は原則残せませんが,さまざまな例外はあります。
 会社を破産させる場合,代表者個人についても同時に破産の申し立てを行うのが一般的です。そして,自宅不動産を所有したまま破産した場合,自宅不動産の処分は破産管財人が行いますので,自宅を失うのが原則です。

 破産管財人は裁判所から選任されており,公平・公正を重視しますので,会社代表者の親族に不動産を売却することに非常に消極的です。そのため,代表者も破産をしつつ,自宅不動産を確保するためには,破産前に親族等の第三者へ売却することが必要となります。

 もっとも,破産管財人は破産直前の財産処分については,その妥当性を厳しく精査しますので,親族等に売却する場合,相場より安価で売却することのないように注意が必要です。

お気軽にご相談ください 06-6311-0065

メールでの問い合わせはこちら

※メールでは法律相談のご予約のみ受け付けています。メールではご相談者の本当の背景がわかりにくい場合が多いからです。ご相談者の本当の悩みは、直接お会いすることでしか共感できないと当事務所は考えております。

 

民事再生・破産に関するご相談メニュー

リスケジューリング 民事再生 会社破産 会社分割 会社更生私的再建

経営者から寄せられる典型的なご相談 ~このようなお悩みはございませんか?~

会社が破産する場合、代表者も破産しなければならないのでしょうか。 銀行との交渉の仕方はどのように行えばよいでしょうか。 会社が破産すると、代表者やその家族の生活はどうなりますか。 執拗に連絡を債権者に、どのように対応すればよいでしょうか。 破産を回避する方法はありませんか。会社の破産手続きの大まかな流れを教えてください。

民事再生・破産の解決実績

無料相談を申し込みたい方へ 再生・破産チェックシート 対応エリア

Contents Menu

Site Menu

事務所概要