中小企業のための再生・破産相談

06-6311-0065 初回相談料無料。 まずはお問い合わせください。

  • トップページ
  • 会社破産
  • 民事再生
  • 解決事例
  • Q&A
  • 弁護士紹介
  • 弁護士費用
  • お問い合わせ
  • HOME
  • 民事再生の絶大な効果

民事再生の絶大な効果

img_0660002.jpg  
 本ページをご覧になっている方の中には、既に考えられる経営改善策の全てを実行し、万策が尽きた状態になっておられる場合もあると思います。しかし、あきらめてはいけません。
 そもそも、皆様が資金繰りに窮されているのはなぜか?それは収入より支払わなければならない債務が多いからです。
 だとすると、債務の支払いを一時停止(棚上げ)して、その後、再建計画を立案し過剰な債務について大幅な債務カットを受けることができれば、資金繰りは好転し会社を再建できるのではないでしょうか?
 
 つまり、大幅な債権カットにより、支払金額が大きく減少すれば、当然資金繰りは急速に改善します。そして、残債務額を以後最長10年間の分割払いにより支払うことで全債務の返済になるのであれば、分割弁済後には会社に積み残しの債務はなくなるのですから、会社の再建は十分実現できるわけです。
 また、会社の再建には取引先との取引を継続することが必要不可欠になりますが、それに対しても、速やかに取引先に対して民事再生手続の説明を行うことで、申立後の取引について支払いを受けられることを理解してもらえれば、取引の継続が可能となります。
 企業再生のご相談に来られた経営者様に、この話をすると、皆様一様に
「えっ?先生、そんな方法ほんまにあるんですか?」という反応をされます。
 多くの方は、そんな方法はないと思われています。
 もちろん、無条件にできるわけではありませんが、民事再生手続によればこのような結果を実現することが可能なのです。
 民事再生は、会社更生と比べれば費用が低額となっていますし、原則として経営者は経営権を手放さずに、つまり経営権を保有しながら再建を進めることができます
 また、債権者の過半数が賛成すれば再建計画が成立しますので、債権者の中にある程度の反対者がいても再建が可能になります。
 

他業種の民事再生・破産の活用事例はこちらをご覧ください。

製造業の民事再生事例 商社の民事再生事例 小売業の民事再生事例
医療法人・社会福祉法人の民事再生事例 エステ及び関連美容業の破産事例 建設業の破産事例
ブライダル業の破産事例 電気設備業の破産事例 製造業の破産事例
卸売業の破産事例 飲食店の破産事例 介護事業者の破産事例
化粧品販売業の破産事例 衣料品小売店の破産事例  

 

民事再生関連ページ

民事再生とは 民事再生の絶大な効果 民事再生の活用事例  民事再生を成功させるには


※メールでは法律相談のご予約のみ受け付けています。メールではご相談者の本当の背景がわかりにくい場合が多いからです。ご相談者の本当の悩みは、直接お会いすることでしか共感できないと当事務所は考えております。

大阪の弁護士による企業再生(ルート法律事務所)

大阪の弁護士による企業再生(ルート法律事務所)
  • 事務所紹介
  • 事務所の特徴
  • 弁護士紹介
  • アクセス