中小企業のための再生・破産相談

06-6311-0065 初回相談料無料。 まずはお問い合わせください。

  • トップページ
  • 会社破産
  • 民事再生
  • 解決事例
  • Q&A
  • 弁護士紹介
  • 弁護士費用
  • お問い合わせ

※債務会社の特定につながる情報は適宜修正・変更しており、推測、憶測等は固くお断り致します。

金融負債の連帯保証人であった役員の居宅を確保し、破産した製造業の事例

 業種 製造業
 負債総額 10億(うち,半分が金融負債)
 問題点 代表者のみならず,取締役らも金融負債について連帯保証。従業員への賃金未払い,社会保険料の滞納あり。

 

ここがポイント

 連帯債務者である取締役については,金融機関との交渉および買取り金の支払いによって,居宅不動産の処分を免れる場合があります。
 本件でも,残念ながら,代表者の不動産は競売となってしまいましたが,その他の役員については,居宅の確保がなされました。 いわゆる平取締役については,年金も厚生年金であることがしばしばありますので,居宅不動産の確保に成功すれば,会社が破産しても老後の生活に窮しないことがよくあります。 
 また,従業員への支払いについては,労働者健康福祉機構による賃金の立て替え払い制度を利用し,相当額の支払いが労働者になされることがあります。

他業種の民事再生・破産の活用事例はこちらをご覧ください。

製造業の民事再生事例 商社の民事再生事例 小売業の民事再生事例
医療法人・社会福祉法人の民事再生事例 エステ及び関連美容業の破産事例 建設業の破産事例
ブライダル業の破産事例 電気設備業の破産事例 製造業の破産事例
卸売業の破産事例 飲食店の破産事例 介護事業者の破産事例
化粧品販売業の破産事例 衣料品小売店の破産事例  

 

民事再生関連ページ

民事再生とは 民事再生の絶大な効果 民事再生の活用事例  民事再生を成功させるには

お気軽にご相談ください 06-6311-0065

メールでの問い合わせはこちら

※メールでは法律相談のご予約のみ受け付けています。メールではご相談者の本当の背景がわかりにくい場合が多いからです。ご相談者の本当の悩みは、直接お会いすることでしか共感できないと当事務所は考えております。

 

民事再生・破産に関するご相談メニュー

リスケジューリング 民事再生 会社破産 会社分割 会社更生私的再建

経営者から寄せられる典型的なご相談 ~このようなお悩みはございませんか?~

会社が破産する場合、代表者も破産しなければならないのでしょうか。 銀行との交渉の仕方はどのように行えばよいでしょうか。 会社が破産すると、代表者やその家族の生活はどうなりますか。 執拗に連絡を債権者に、どのように対応すればよいでしょうか。 破産を回避する方法はありませんか。会社の破産手続きの大まかな流れを教えてください。

民事再生・破産の解決実績

無料相談を申し込みたい方へ 再生・破産チェックシート 対応エリア

Contents Menu

Site Menu

事務所概要