中小企業のための再生・破産相談

06-6311-0065 初回相談料無料。 まずはお問い合わせください。

  • トップページ
  • 会社破産
  • 民事再生
  • 解決事例
  • Q&A
  • 弁護士紹介
  • 弁護士費用
  • お問い合わせ
  • HOME
  • 法的再建とは

法的再建とは

adachi.jpg    法的再建とは、裁判所の関与・監督を受けて債務整理をし、再建を目指すことです。法的再建には、民事再生と会社更生があります。
 尚、法的整理と言った場合には、再建型である民事再生・会社更生以外に、清算型である破産と特別清算が含まれます。

法的再建のメリット

 法的再建の最大のメリットは、多数決の原理で再生案を決定し、反対債権者であっても賛成多数の場合は拘束できることです。したがって、反対債権者が相当存在していたとしても、過剰債務の整理が可能となることです。
 しかも、民事再生や会社更生においては、元本を含め90%以上の債務免除が認められしかも残10%の弁済(配当)については無利息で5年から最長10年間の分割払いとすることも可能ですので、過剰債務の処理としては絶大な効果を得ることができます。
 また、法的再建の場合は、私的再建と異なり、裁判所の関与・監督の下、債権者間の公平性・公正性が確保されます。裁判所を通じた保全処分により債務の弁済が禁止されるなど、一部の債権者が抜け駆け的に債権の回収を図ることは出来なくなり、債権者間の手続の公平性が確保されることになります。
 また、裁判所から弁済を禁止してもらうことで、逆に会社にはキャッシュフローが生まれ、事業再生のために用いることができます。

法的再建のデメリット

 現在も、日本では、民事再生や会社更生といった法的再建について、「倒産」に近い受け止め方をされることがあります。そのため、取引先や仕入れ先、外注先、下請け先等に、いわゆる「信用不安」を招き、事業基盤が損なわれる恐れがあります。

現状と方針

 私達は法的手段にとらわれず、様々な再生方法を活用していますが、弁護士だけができる民事再生は、資金繰りを好転させる上で、極めて効果的な手段であると断言できます。また、上記のデメリットに対しても、申立直後の債権者説明会の開催等により債権者に対しても迅速に対応することで「信用不安」を回避することが可能です。
 一時は社長様自身が「先生、もうあかん・・・」と諦めかけていた企業様が、民事再生によって大幅な債権カットを実現し、事業を継続されている例がたくさんあるのです。

他業種の民事再生・破産の活用事例はこちらをご覧ください。

製造業の民事再生事例 商社の民事再生事例 小売業の民事再生事例
医療法人・社会福祉法人の民事再生事例 エステ及び関連美容業の破産事例 建設業の破産事例
ブライダル業の破産事例 電気設備業の破産事例 製造業の破産事例
卸売業の破産事例 飲食店の破産事例 介護事業者の破産事例
化粧品販売業の破産事例 衣料品小売店の破産事例  

 

民事再生関連ページ

民事再生とは 民事再生の絶大な効果 民事再生の活用事例  民事再生を成功させるには


※メールでは法律相談のご予約のみ受け付けています。メールではご相談者の本当の背景がわかりにくい場合が多いからです。ご相談者の本当の悩みは、直接お会いすることでしか共感できないと当事務所は考えております。

大阪の弁護士による企業再生(ルート法律事務所)

大阪の弁護士による企業再生(ルート法律事務所)
  • 事務所紹介
  • 事務所の特徴
  • 弁護士紹介
  • アクセス