中小企業のための再生・破産相談

06-6311-0065 初回相談料無料。 まずはお問い合わせください。

  • トップページ
  • 会社破産
  • 民事再生
  • 解決事例
  • Q&A
  • 弁護士紹介
  • 弁護士費用
  • お問い合わせ
  • HOME
  • よくあるご質問
  • 会社のリスケを行っても,どのような場合に自宅を失わなくて済みますか?

Q.会社のリスケを行っても,どのような場合に自宅を失わなくて済みますか?

質問

 会社のリスケを行っても,どのような場合に自宅を失わなくて済みますか?

回答

①住宅ローンが残っている場合

 住宅ローンが残っている場合,特に,不動産の価格より多額の住宅ローンが残っている場合,自宅について会社の借入についての第二順位の抵当権が付いていても,金融機関は自宅を競売して債権回収することが困難です。競売で支払われた代金は住宅ローン債権に充てられてしまうからです。

 したがって,住宅ローンが残っている場合,会社の債権者である金融機関に自宅の売却を求められることは少ないと言えるでしょう。


②住宅ローンが残っていない場合

 住宅ローンが残っていない場合または残っていても少額の場合で,会社の債権者である金融機関が自宅不動産に抵当権を有している場合,金融機関は自宅の売却によって負債の圧縮を求めてくることが通常です。

 しかし,必ずしも,自宅を失うわけではありません。特に,自宅不動産の価値が大きくない場合や代表者が高齢の場合,自宅の売却につき長期的に猶予を得ることが可能なことがあります。

 

 リスケを求めた場合,金融機関は会社代表者への報酬の減額を求めることが多いのですが,自宅を売却した場合,代表者は賃貸物件に居住せざるを得ず生活費の上昇が予想されます。そのため,報酬の減額が行えないとなると,リスケに応じる意義が損なわれかねないからです。

お気軽にご相談ください 06-6311-0065

メールでの問い合わせはこちら

※メールでは法律相談のご予約のみ受け付けています。メールではご相談者の本当の背景がわかりにくい場合が多いからです。ご相談者の本当の悩みは、直接お会いすることでしか共感できないと当事務所は考えております。

 

民事再生・破産に関するご相談メニュー

リスケジューリング 民事再生 会社破産 会社分割 会社更生私的再建

経営者から寄せられる典型的なご相談 ~このようなお悩みはございませんか?~

会社が破産する場合、代表者も破産しなければならないのでしょうか。 銀行との交渉の仕方はどのように行えばよいでしょうか。 会社が破産すると、代表者やその家族の生活はどうなりますか。 執拗に連絡を債権者に、どのように対応すればよいでしょうか。 破産を回避する方法はありませんか。会社の破産手続きの大まかな流れを教えてください。

民事再生・破産の解決実績

無料相談を申し込みたい方へ 再生・破産チェックシート 対応エリア

Contents Menu

Site Menu

事務所概要