中小企業のための再生・破産相談

06-6311-0065 初回相談料無料。 まずはお問い合わせください。

  • トップページ
  • 会社破産
  • 民事再生
  • 解決事例
  • Q&A
  • 弁護士紹介
  • 弁護士費用
  • お問い合わせ

会社分割で再生は可能か

質問

 私は運送会社を経営しておりますが,経営が厳しく,金融機関への返済ができなくなってきました。最近,「会社分割をすれば企業の再生ができる」という話をよく聞きますが,可能でしょうか。

回答

 書店などをのぞくと会社分割を使った企業再生について書かれた書籍を見かけます。
 一般的に会社分割とは,会社の営業の一部または全部を元の会社の子会社に移して,子会社の名義と計算で従来の企業活動を続けるという手法です。以下では元の会社を「親会社」,会社分割によって誕生した会社を「子会社」としてご説明します。
 
 会社分割をすると,会社分割前の債務はあくまで親会社の債務であって,別法人である子会社には及ばないのが原則です。したがって,会社分割をすれば,債権者らは子会社の資産から回収をすることができませんので,子会社に移転させた営業資産等を債権者の追及から守ることが考えられます。
 
 しかし,実際は債務を逃れるためだけに優良な営業資産を子会社に移している場合がしばしば見られます。このような債権者を害する会社分割は,詐害行為取消権の対象となったり,子会社の法人格が否認され別会社であると認めてもらえないことがあります。債権者が詐害行為取消権等を行使し,これが裁判所に認められると,結局債権者は親会社のみならず子会社からの回収が可能となってしまい,会社分割を行った意義が失われてしまいます。
 
 そのため,会社分割による企業再生を成功させるには,金融機関などの債権者の意向を確認しながら行うべきです。もっとも,金融機関は親会社の債務を全て子会社が引き継ぐよう求めることも多く,簡単にはできないのが現実です。
 
 実現可能性が低いにもかかわらず会社分割を援助するなど広告し,高額なコンサル料を取るような悪徳業者の存在も耳にしますのでご注意ください。


物流ウィークリーの他の記事はこちら

日付 タイトル
9月3日号  企業再生にはどんな手続きがあるの?
9月17日号  民事再生に向かない会社
10月1日号  民事再生に向く会社
10月15日号  民事再生した場合社長はどうなる?
11月5日号  民事再生・・・下請けに迷惑をかけたくない
11月19日号  預けた荷物は出庫可能か
12月3日号  同業者からの支援申し出
12月17日号  営業譲渡を利用した再生方法
1月7日号  会社分割で再生は可能か
1月22日号  会社分割を用いた再生方法
2月11日号  円滑化法期限切れでどうなる?

お気軽にご相談ください 06-6311-0065

メールでの問い合わせはこちら

※メールでは法律相談のご予約のみ受け付けています。メールではご相談者の本当の背景がわかりにくい場合が多いからです。ご相談者の本当の悩みは、直接お会いすることでしか共感できないと当事務所は考えております。

 

民事再生・破産に関するご相談メニュー

リスケジューリング 民事再生 会社破産 会社分割 会社更生私的再建

経営者から寄せられる典型的なご相談 ~このようなお悩みはございませんか?~

会社が破産する場合、代表者も破産しなければならないのでしょうか。 銀行との交渉の仕方はどのように行えばよいでしょうか。 会社が破産すると、代表者やその家族の生活はどうなりますか。 執拗に連絡を債権者に、どのように対応すればよいでしょうか。 破産を回避する方法はありませんか。会社の破産手続きの大まかな流れを教えてください。

民事再生・破産の解決実績

無料相談を申し込みたい方へ 再生・破産チェックシート 対応エリア
事務所概要