中小企業のための再生・破産相談

06-6311-0065 初回相談料無料。 まずはお問い合わせください。

  • トップページ
  • 会社破産
  • 民事再生
  • 解決事例
  • Q&A
  • 弁護士紹介
  • 弁護士費用
  • お問い合わせ

企業再生にはどんな手続きがあるの?

質問

 私は40歳のころ勤務していた運送会社を独立し,現在では従業員14名,トラック14台を抱える運送会社を経営しています。昨年までの売上は約1億5千万円です。2カ月前,お得意先の食品会社が倒産してしまい,未収が発生してしまいました。売上は1億4千万円程度の水準まで回復し,少しくらいの黒字は出せるのですが,来月末の銀行への支払いと下請け業者への支払いの見込みがたちません。

 

回答

 御社の場合,若干でも黒字が出せるのですから,破産してしまうのは惜しい事案です。そこで,会社を存続させるには,①リスケジュールか②民事再生という方法を検討しましょう。
 
①リスケジュール
 リスケジュールは,銀行や取引先と交渉し,月額の支払い額を減額してもらう手続きです。特に現在は中小企業金融円滑化法という法律が平成25年3月末まで施行されており,銀行はリスケジュールに応じることが多くなりました。御社の場合でも,銀行との交渉によって,たとえば毎月の支払額を半分程度にしてもらうということが考えられます。
 ただし,リスケジュールの場合,金融機関は負債そのもののカットには応じないことがほとんどですので,企業再建の抜本的解決にならないことがあります。また,燃料代などの買掛金については個別交渉がまとまらないと手形不渡になってしまうおそれがあります。
 
②民事再生
 民事再生は,裁判所の関与の下,債務の8割から9割の免除を目指す手続きです。免除後の負債を最大10年で返済すれば負債はなくなるので,会社の抜本的な再建に向いた手続きです。また,買掛金などの支払いや手形債務についても裁判所の決定に従って棚上げできるのが長所です。一般的には民事再生を行った場合,倒産による風評被害がありうるのですが,御社のような運送業の場合,一般消費者向けの商売をしているわけではないので風評被害は少ないと考えています。
 もっとも,民事再生の場合,裁判所に納める費用がそれなりに高額となること(一般的に500万円以上)などの問題があります。


物流ウィークリーの他の記事はこちら

日付 タイトル
9月3日号  企業再生にはどんな手続きがあるの?
9月17日号  民事再生に向かない会社
10月1日号  民事再生に向く会社
10月15日号  民事再生した場合社長はどうなる?
11月5日号  民事再生・・・下請けに迷惑をかけたくない
11月19日号  預けた荷物は出庫可能か
12月3日号  同業者からの支援申し出
12月17日号  営業譲渡を利用した再生方法
1月7日号  会社分割で再生は可能か
1月22日号  会社分割を用いた再生方法
2月11日号  円滑化法期限切れでどうなる?

お気軽にご相談ください 06-6311-0065

メールでの問い合わせはこちら

※メールでは法律相談のご予約のみ受け付けています。メールではご相談者の本当の背景がわかりにくい場合が多いからです。ご相談者の本当の悩みは、直接お会いすることでしか共感できないと当事務所は考えております。

 

民事再生・破産に関するご相談メニュー

リスケジューリング 民事再生 会社破産 会社分割 会社更生私的再建

経営者から寄せられる典型的なご相談 ~このようなお悩みはございませんか?~

会社が破産する場合、代表者も破産しなければならないのでしょうか。 銀行との交渉の仕方はどのように行えばよいでしょうか。 会社が破産すると、代表者やその家族の生活はどうなりますか。 執拗に連絡を債権者に、どのように対応すればよいでしょうか。 破産を回避する方法はありませんか。会社の破産手続きの大まかな流れを教えてください。

民事再生・破産の解決実績

無料相談を申し込みたい方へ 再生・破産チェックシート 対応エリア
事務所概要